商品掲載数 : 13件

ATON(エイトン)/フリースジャケット

古着のサイクリングジャケットをベースにつくられた、ハイネックのフリースジャケット。フリース素材はアメリカ製のリサイクルポリエステルを使用。裾のスピンドルでシルエットも自在。

ATON(エイトン)/VINTAGE NYLON / ミリタリーポンチョ

VINTAGE NYLON■デザインミリタリーのレインポンチョからインスピレーションを受けサークル状のパターンで構成されたドレープが美しいフード付きコートです。単にポンチョ型ですと着用が難しいのですが、太巾の袖を付ける事で着心地よく着ていただけます。■素材異型断面の特殊なブライトナイロンを、石川県能美市の生地屋さんにて織りと染色加工をし、仕上げに特殊ヴィンテージ加工を施すので、新品のナイロン製品でありがちなパリパリした張り感がなく、馴染み感のある素材感に仕上げたATONオリジナルナイロン素材です。MADE IN JAPAN

ATON(エイトン)/LINEN HOUNDS TOOTH / ノーカラージャケット

LINEN HOUNDS TOOTH■デザインストレートシルエットのメンズライクなジャケットです。同素材のパンツとのSET UPもお勧めですが、カーディガンジャケットの様に単品でもお使いいただけます。キャラメルピケのジャケット同様にエアテイラリングでカーディガンの様に軽いのにきちんと着れるジャケット。共地を贅沢に使用した見返し仕様は肩まで吊る事で前肩を形成。裏地なく美しく仕上げました。(AIR TAILORING:内容物無しでも美しいフォルムを作るテクニック)アームホールのパイピングは片側を手まつりするなど、テイラリング技術をふんだんに散りばめたこだわりの逸品です。袖口はベントになっていますので折り返して着用可能です。■素材人類が最も古くから親しんできた天然繊維の一つのリネンを糸の段階で染め、愛知県津島市の機屋でゆっくり丁寧に高密度に織り込んだチェック素材です。2019SSのリネン素材の打込み本数を限界までアップし、少し肉厚にして製品での抜群の仕立て栄えする様にアップデートしたATONオリジナル素材です。MADE IN JAPAN

ATON(エイトン)/CAMEL MOLESKIN / バルマカーンコート(UNISEX)

CAMEL MOLESKIN■デザインキャメルの上品な光沢感とモールスキンの抜け感のある表情を存分に活かしたATON定番のリラックス感あるAラインのバルマカーンコートです。スッキリとしたデザインですが、キャメルモールスキンのしなやかなドレープ性を失わないように、縫い代の始末を箇所で変えた、見えないこだわりが光る逸品です。また、裏地に高密度の綿を使用する事により、内部から表地を支える骨組みの役割を果たしてもらい、絶妙なシルエットを演出しています。■素材モールスキンはモール(mole)モグラ+スキン(skin)=という意味で、モールスキンの特徴は、その優しい肌触り。一般的に、太い綿糸の使われた丈夫な綿素材はゴワゴワしていますが、モールスキンはやわらかな風合いがあります。それは、起毛しながら織り上げているから。そうすることによって生地に空気層ができ、やさしい肌触りとしっかりとした厚みが感じられるのです。産毛の様な毛羽に多くの空気を取り込むことができるため、保温性に高く優れた、ATONオリジナル素材です。MADE IN JAPAN

ATON(エイトン)/WOOL OXFORD | ジャケット - UNISEX

■DESIGN程よくリラックスした雰囲気で着ていただけるジャケットです。ややドロップした肩幅と、すっきりとしたボックスシルエットが特徴で、シームポケットでスッキリと仕上げました。カーディガンのように軽くて柔らかい着心地も兼ね備えており、気兼ねなく着用いただけます。■MATERIAL日本のハイテク紡績技術を使い、ウールとナイロンフィラメント糸をミックスする特殊強熱糸を、愛知県羽島市でゆっくり丁寧に織り上げられた素材です。強撚糸を使用する事により、表情のある表面感とジャージ素材のようなテンションを持ったATONオリジナル素材です。

ATON(エイトン)/WOOL TROPICAL | ジャケット - UNISEX

■DESIGN程よくリラックスした雰囲気のATON定番のウール素材のジャケット。ややドロップした肩幅と、すっきりとしたボックスシルエットが特徴で、カーディガンのような感覚で着用していただけます。■MATERIAL先染めのウール糸を岐阜羽島市でゆっくり丁寧に織られた素材です。通常のウールトロピカル素材とは異なり、高密度に特殊な織り方をしている為、さらっとした肌触りにしっかりした肉感が特徴のATONオリジナル素材です。

ATON(エイトン)/WOOL GABARDINE | テーラードジャケット

■DESIGNメンズライクなストレートシルエットが特徴のテーラードジャケット。デニムなどでカジュアルダウンしても十分きれいに着られる長めの丈の単品ジャケットです。■MATERIAL厳選されたウール原料を、羽島市の機屋さんにてゆっくり丁寧に織られた素材です。タテ糸の打ち込み本数が多く、綺麗に綾目が立った生地に特殊な仕上げを施す事により、他にはない反発性をもったATONオリジナルの素材です。

ATON(エイトン)/NIDOM WEATHER | デッキジャケット

■DESIGNデッキジャケットをベースにデザイン、大人っぽく着られるようアップデート。保温性のある中綿を高密度な生地の内側に入れている為、コットンのアウターとは思えない暖かさです。オーバーサイズのシルエット。衿元のボアは着脱可能、外すことで春先までアウターとして長く着られる1枚です。■MATERIALエジプト産のコットンの中でも希少性の高いFINX COTTONを使用し、浜松市の機屋で高密度に織られた素材。特殊な加工の仕上げにより、しっとりした肌触りが特徴です。ATONのオリジナル素材です。

ATON(エイトン)/AIR VENTILE | ショートモッズコート - UNISEX

■DESIGNM-65のモッズコートをベースにしたショートコート。フードを取り、裾を横方向にカットしたようなデザイン。ブルゾンのような丈感が新鮮。防風性の高いナイロンの表地、ライナーにはウール混の生地を使用し、真冬でも温かく着ていただけます。シワになりにくいので、持ち運びにも便利。ライナーを外すと3シーズン活躍してくれるアウターです。■MATERIAL石川県能美市にて織り上げられたファブリック。天然繊維のような「生きている」素材感を機能糸でクリエイトしたATONのシグネチャーマテリアルです。ナイロンとポリエステルの熱収縮率の違いを生かし、環境の変化により表情が変わっていく様を楽しむことができます。糸を高密度に織り込むことにより、独特の風合いを表現しました。※ 生産の都合上、生地の色見が商品画像と多少異なる場合がございます。

ATON(エイトン)/NIDOM WEATHER | ジップアップジャケット - UNISEX

■DESIGNシンプルなファスナー開きのデザインが特徴のジップアップジャケット。総裏の裏地は、洗いをかけたコットン素材を使用し、柔らかく軽い、着心地に仕上ています。Tシャツやハイネックのニットなど、様々なアイテムと相性が良いアウターです。■MATERIALエジプト産のコットンの中でも希少性の高いFINX COTTONを使用し、浜松市の機屋で高密度に織られた素材。特殊な加工の仕上げにより、しっとりした肌触りが特徴です。ATONのオリジナル素材です。

ATON(エイトン)/SUPER 160S DOUBLE SAXONY | レターマンジャケット - UNISEX

■DESIGNアメリカのスポーツの際の防寒着からインスパイアされたレターマンジャケット。袖口、裾のリブはウールで編んでいる為、上品で肌馴染みも良いです。裏地に使用している洗いのかかった柔らかいコットン素材が、立体的なシルエットをつくります。■MATERIALスーパー160のウール原料を、岐阜県一宮市で2重に織り上げたリバー素材。カシミヤと同等の細いウール繊維を、薄く二重に織り上げている為、優しい肌触りとジャージーの様なソフトでルーズなシルエットが出ます。ATONオリジナルの素材です。

ATON(エイトン)/DOPE DYE NYLON | ショートモッズコート - UNISEX

■DESIGNM-65のモッズコートをベースにしたショートコート。フードを取り、裾を横方向にカットしたようなデザイン。ブルゾンのような丈感が新鮮。防風性の高いナイロンの表地、ライナーにはウール混の生地を使用し、真冬でも温かく着ていただけます。シワになりにくいので、持ち運びにも便利。ライナーを外すと3シーズン活躍してくれるアウターです。■MATERIALアップサイクルのナイロンをイタリアでオックス組織に織り上げた素材。環境負荷を軽減、特殊な染色技術により、深みのある黒色が特長。ナイロンの光沢と軽さ、張り感に加え、天然繊維の様な膨らみも有ります。

ATON(エイトン)/【先行予約】KYOTO TSURIZOME COTTON | フライトジャケット - UNISEX

■DESIGN古着のフライトジャケットを原型に、現代風にアップデートして作成したブルゾン。素材が持つしなやかなドレープ性を殺さないように、総裏仕様で設計しました。程よくドライタッチなコットンのフライス素材を、衿と袖口に使用しています。■MATERIAL『京都吊り染め』は、京都西陣にて古より代々染殿織殿司として、皇室の御用品の染色にたずさわりってきた200年以上歴史ある染工所にて行っている染め方です。生地と生地の間隔を8mmほど空けながら円形に吊りながら巻きとり、筒状(渦巻き)にして、生地どうしが擦れないよう浴槽に上下に漬けながらゆっくり染めることで、素材に伸度が生まれます。製品になり、動いた際に生まれる『しなり』が特長のATONオリジナルの染め技術を取り入れたコットン素材です。