商品掲載数 : 4件

A.PRESSE(ア プレッセ)/M−65 Field Jacket

生地はモッズコートと同様の高密度パラシュートクロスを使用。原型のデザインは極力残しているが、ウエストのシェイプなどを消していき、袖山を調整することでシルエットを現代的に昇華させた。各パーツのディテールはヴィンテージを踏襲した作りになっている。

A.PRESSE(ア プレッセ)/2nd Type Denim Jacket

50’ s のミントコンディション 507XX の通常の 2nd タイプをベースにしたモデル。生地は縦ムラの表情と、フェードした際の深みのあるブルーカラーにこだわったインディゴデニムを使用。左右均整のとれた秀逸なフロントディテールや、着丈のやや短いバランスが今の気分に合う。腕回りの窮屈さが気になってしまう弱点は、鎌底を下げ袖幅を若干広げることで解消し、非常に良いバランスに設計。着丈に対して袖が長い部分も日本人体型に合わせている。

A.PRESSE(ア プレッセ)/3rd Type Jacket

縦糸にムラ糸を使用したホワイトカツラギを表地に使用。わずかに強撚させることにより綾目が立ち、ヴィンテージのラフな雰囲気を表現している。シルエットは袖回りに程良くゆとりをもたせることで、肩回りの可動がしやすくなり、最大の拘りは製品のヴィンテージ加工。ホワイトデニムが経年変化によって変色し、生地が弱り、汚れが付着したところを忠実に再現。ホワイトは古着でコンディションが良いものが見つかり難い。かと言って新品で艶のあるホワイトは格好悪い。そんな理想を追求して作ったジャケットです。

A.PRESSE(ア プレッセ)/Double Breasted Jacket

A.PRESSE の定番型モデル。硬すぎず崩れすぎのバランスを突き詰め製作した。使用したウール×リネンの生地は、3シーズン着用できる万能素材。縦糸には梳毛を、横糸にはリネンを使用する事で、ヴィンテージライクな表情で、ピンストライプを採用する事でクラシックなイメージに。肩周りを丸く作っているのが特徴で、肩傾斜をつけヴィンテージワークジャケットの匂いをもたせながらも、AMF ステッチや緩やかなローリングなどのテーラーリングテクニックも感じさせるデザインのジャケット。 接着芯で作るいわゆる規制服仕立てではなく、緩いフラシ芯仕様となっている。