商品掲載数 : 13件

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2016春号

2016年春号のマイエイジは、大人のハワイ癒しスパ!/目の病気「飛蚊症」と「加齢黄斑変性」/十和子髪の秘密/腸年齢をチェックして、目指せ!腸美人 おなら&便秘対策、大腸がん予防法も 「腸内環境」を本気で見直す/更年期世代の体と心にきくツボ/スーパーフードを味方につけてごちそう美腸サラダ/ノルディックウォーキングで体脂肪を燃やせ!などなど見逃せない情報満載!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2016秋冬号

更年期ビフォアの方や閉経前なら今のうちになんとなく感じている不安や悩みの解消を。更年期症状で日々つらいと感じている方のためには、さまざまな最新の対策を取材しました。閉経後のQOLのために、今から準備しておくべきこともお伝えします。きちんとした知識を持ってポジティブに向き合うことが何より大切です!ちゃんと治療していたはずの歯に何らかのトラブルが出てくるのも40代・50代頃。歯周病、噛み締め、矯正、インプラント、入れ歯など、これから一生自分の歯で噛み、健康でいるために今やっておくべきこと、やってはいけないこと=デンタルIQを高めるための最新情報をリポートします。マイエイジの人気連載「ダイエット倶楽部」では、「いつのまにか痩せ」で効果のあった4人の結果を発表! 「薄毛と白髪問題を何とかする13の最新NEWS」や、「眼瞼下垂」、「睡眠無呼吸症候群」など密かに悩んでいたあれこれを解決する記事も満載です。

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2017春号

「何歳になっても長めの髪でいたい」といった40代、50代の気分にこたえる、ヘア大特集「いつまでも、セミロング!」。美髪セミロングと評判の女性や話題のサロンに、ツヤ髪&健康な頭皮を保つお手入れ法を徹底取材。また、セミロングではなくても、髪に元気がなくなってきたと感じはじめている方に必見なのが、「薄毛と白髪になりにくい」頭皮でいるための秘訣。春のセミロングのヘア図鑑もたっぷりお見せします。スマホ首や巻き肩で首こり肩こりに悩む人、猫背やぽっこりお腹の人、すべては姿勢の悪さが原因です。「姿勢を直せば、たるまない! 老けない!」では、立つ・座る、歩くといった日常の動作で姿勢矯正できる簡単エクササイズを紹介。ゆる〜くひもを体に巻くだけで本来の姿勢が取り戻せると評判の「ひもトレ」もぜひ試してみて!ほか免疫力をあげる「毛細血管」の増やし方、「老眼」の進行を遅らせる知恵、ほうれい線や首のシワに効果大の「舌エクササイズ」など、ヘルステーマは充実の6本。糖質制限やダイエットでタンパク質をしっかりとりたい人には、「タンパク質がしっかりとれるパワーサラダ」レシピがすぐ役立ちます。ISBN:978-4-08-102231-1発売日:2017年3月1日ノンノ判/224ページ

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2017秋冬号

今月の表紙は黒田知永子さん。「ずっと変わらないと言われるよりも素敵に年齢を重ねているねといわれたい」。そんな彼女の「今」のファッション、ビューティ、料理に迫ります。大特集は「骨盤・骨盤底筋・膣」を含む「骨盤まわり」。毎日の健康と将来のために、若く、強く整える必要があります! むくみや冷え、尿もれや頻尿、肌荒れ、腰痛、便秘、お腹ポッコリ、膝関節痛など、40〜50代の不調や体型崩れの主な要因が全てココにあるといってもいいくらい。「骨盤セルフ調整」エクササイズや骨盤底筋の真実、腟の乾燥対策など、MyAgeでしか読めない情報がたっぷりです。薄毛やトラブルをかかえた頭皮を元気によみがえらせる最新ヘアケア術は必読。ダメージの少ない白髪染めについても調査しました。美ボブのヘアカタログからは、顔だちがすっきり見えるスタイルが見つかります。保存版では、「手作り」発酵食を提案。簡単に作れる「生甘酒」と「乳酸発酵漬け」に注目。そこから展開できるレシピも楽しく、美腸・美肌・疲労回復・免疫力アップが期待できる料理が作れます。ぜひトライしてみてください!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』2018春号

今月の表紙は、前号に続き黒田知永子さん。「かわいい大人ショートになる!」で服に合わせて自在に表情が変えられる??黒田ショート″の秘密に迫ります。イチオシ特集は以下の3つ。巻頭は「顔たるみは根本からくい止める!」ほうれい線、目元のたるみ、フェイスラインのゆるみ……など45歳〜50代の最大の悩み、顔たるみ。まずは1日1分だけの舌ストレッチを! 舌筋群が鍛えられて、確実に顔が引きあがるのです。気になるパーツだるみは??押す″??つまむ″で解消。山本浩未さんにはメイクでスキンケアで技ありグッズで顔を引き上げるテクを、齋藤薫さんには日々の心得??意識だけのリフトアップ″を教わりました。今すぐ始めれば確実にくい止められるノウハウが詰まっている立体大特集です。取りはずせる保存版は「更年期に急増する足の悩み解消BOOK」朝起きての最初の1歩の足裏の痛み、爪の変形やタコ、外反母趾、足つりやむくみ…、更年期世代に増える足のさまざな違和感を徹底取材。重症化する前にケアすることが大切です。何科を受診すればいいのかなどMyAgeでしか読めない情報満載です。ヘルスケア大特集は「『閉経』の不安と疑問」閉経で女が終わってしまう、と不安にかられているあなたに。初潮を迎えたら必ずやってくるからだの変化。その後もポジティブに過ごすために知っておきたい、閉経ビフォア・アフターの知識と経験談をまとめました。腰痛&お尻ストレッチや深睡眠を得るコツ、美修正ファンデーション、大麦レシピなど、ほかにも美と健康のテーマが盛りだくさん。今号も読みごたえのある1冊です。

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2018 夏号

今号の大特集は「筋肉貯金」。将来、寝たきりにならないために、何歳からでも、始めれば必ず結果が出る筋肉貯金をスタートさせませんか。40代、50代がすべきことはふたつ。筋トレや正しい食事で筋肉を「貯め」ることと、筋肉を日々「運用」=体をやわらかく保つことが大切です! 効率よく筋肉をつけて代謝のいいきれいな体をつくるための筋トレや、たるみをなくせるエクササイズ、つまずいて骨折したり、腰痛や猫背にならないよう、関節と筋肉を柔らかくするストレッチをとことん解説します。取りはずせる保存版は「夏冷え養生BOOK」。冷房過剰な夏は、体に冷えを溜め込みやすいとき。冬や来春を不調なく過ごすためには、真夏に冷えとりができるかどうかが肝。自分の冷えにまだ気づいていない人にもぜひ読んでほしい特集です。そのほか、オバ声にならないために声の老化を防ぐ方法、更年期世代のための漢方指南、遅発型フードアレルギーについて、素敵女医の眼瞼下垂の対策など、今号もMyAge世代の悩みに寄り添うヘルスケア情報が満載です。ビューティ特集は、暑い夏を涼しく過ごすため、髪ゴム1本でのまとめ髪・ゆるシニヨンのつくり方や、写真写りがよくなるためのノウハウをお届けします。創刊以来、正しいダイエットを提案してきた人気企画「ダイエット倶楽部」に、大西結花さんがチャレンジ。きれいに痩せるために実践した5つのオキテは、痩せにくくなってきたと感じているこの世代の誰もが心当たりがあることばかりです。料理特集は、ダイエットのためにも健康のためにも重要な、糖質控えめの血糖値コントロールレシピを。今号も同じような悩みを持つ同世代スタッフが手がけた渾身の特集ばかり!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2018 秋冬号

今号の大特集は、「乾燥老化」。40代、50代の肌乾燥に対して、「今までどおりに」や「油断」は禁物! 顔や手だけでなく、背中がかゆくてかきむしったり、すねが粉吹きしたり、かかとがカチコチになったり…そんな状態が体のあちこちで多発していませんか? ほっておくとこの先、乾燥は深刻化して、老け見えを悪化させてしまいます。原因は空気の乾燥だけじゃありません。管理栄養士の麻生れいみさん曰く「タンパク質不足が??皮膚粗しょう症″を加速させています」。内側からも外側からも潤いをもたらす対策、今が見直し時です。第2特集は「骨粗しょう症」。「骨」は、肌と違って見た目で老化を自覚できないから、いっそう注意が必要。??骨粗しょう症″のきちんとした検査、していますか? 斎藤薫さん、吉川千明さんら5人が語る骨折体験、明日の自分のことかもしれません! 骨は、量と質、両方が大事。骨を強くする食事のしかたとエクササイズ、実践するかしないかであなたの未来は決まります!ほかにも役に立つ特集10本をご紹介します。?@40代後半は口内環境の変わり時。歯周病を進行させない歯のお手入れ法?A現代人は呼吸のし過ぎ? 横隔膜の使い方と鼻呼吸で、呼吸改善エクササイズ?Bきちんと食べてるのに最近、便秘がち? 更年期以降に急増の直腸性便秘の症状って??C薬局は単に薬をもらうところ? いいえ、もっと賢い使い方が実はあるんです。?D肌だけじゃない、乾燥でふっくら感を失う膣のQOLをあげる治療法あれこれ?E五十肩、テニス肘、腰痛…15秒ほどの押圧テクニックで長引く痛みが解消!??Fダイエット倶楽部のオキテ5つを実践すれば、若い頃の細さと輝きを取り戻せる!?G認知症、知っておくべきは親のケアと自分の予防法?H美腸・骨活・免疫力アップ。いいことずくめのきのこ食べつくしレシピ?I大人髪が得意なサロンが提案する美髪セミロングカタログそして表紙は、黒田知永子さん。今号より1年間、表紙モデルとして登場します。巻頭ファッションページ「大人に似合う冬ニット」では、ニットが豊富な今季、何を買い替え、どう買い足しすればいいか、黒田さんに教えてもらいました。40〜50代の女性の美とからだを応援する特集ばかり。必ずあなたの参考になる情報が揃っています!「MyAge」定期購読サービスも取り扱っております。今なら、購読期間中はFLAG SHOPでのお買物がいつでも送料無料!詳細はこちら

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2019春号

今月号の大特集は「私たちの白髪対策」。グレーヘアブームですが、MyAge世代はどうすれば素敵に見えるのか…。きれいなグレーヘアの近藤サトさんやミルクティーヘアの手塚理美さん、出始めた白髪をカバーして美髪を保っている人や、カラーリングで傷んだ髪や頭皮のために新たな白髪カバー術を選択している人など、さまざまな人の白髪事情を伺いました。黒田さんとスタイリスト地曳いく子さんの大人ヘアについての本音トークにもうなずくことばかり。ぜひご覧ください。40〜50代なら絶対知っておきたい大事なことは、はずして取っておける2冊のブックインブックで。ひとつは「更年期世代 5つの不調の最新処方箋」。MyAge発売以来5年間の取材からみえてきたこの世代の切実な悩みをピックアップ。西村知美さんが悩んでいたのは骨盤底筋のゆるみによる尿もれでした。そこで骨盤底筋トレーニングにトライ。ほか、腟のトラブル、手や足の不調、下半身の筋肉不足の対策をまとめました。「今、目指すべきは美髪セミロング」では、2年前までは肩ぐらいの長さだったという早見優さんがセミロングにした理由と美髪を保つコツを公開。ツヤ&ボリュームのある大人セミロングのヘアカタログや美髪の育て方がもりだくさんです。「寝ても取れない疲れ」の取り方、歯はすべて治療済みだからもう心配ないと思っていたら油断できない40代からの「口内劣化」の実情、就寝中に激痛がおそってくる「足のつり」など、6つのヘルスケア特集にははっとさせられる人も多いのでは?タンパク質やDHA、EPA、カルシウムいっぱいの「サバ缶」。夕食が遅くなった時に作れるものなど、超簡単でヘルシーなレシピを揃えました。疲れぎみの体や心を癒したくなったら、沖縄や京都などの最新ディスティネーション温泉&スパへ。とっておきの情報が詰まっています。「MyAge」定期購読サービスも取り扱っております。今なら、購読期間中はFLAG SHOPでのお買物がいつでも送料無料!詳細はこちら

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2019秋冬号

今号も、表紙は読者世代に絶大な人気を博す黒田知永子さん。この秋冬の流行色ブラウンを「キャラメル色」と名付け、大人っぽく、温かみやかわいらしさも秘めたファッションを知永子さんが多彩な表情で着こなし提案します。■巻頭大特集は、2大顔たるみ「ほうれい線&二重あごを消す!」(26ページ)。MyAge読者へのアンケートで、この2つが顔たるみの中でも最大の悩みであることが判明。編集部は、一気に老け顔の印象を強めてしまうその原因を徹底研究。話題のイケメントレーナー2人が「これ以上ないほど簡単で、確実に効果のある」撃退法を伝授してくれました! サポート的なエクササイズと一緒に実践して、来たる2020年は「ほうれい線と二重あご」とはすっきりきっぱり、おさらばしましょう!そのほか、40〜50代女性の美と健康に必ず役立つ特集をぎゅぎゅっと詰め込んでお届け!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2020春号

今号も表紙は黒田知永子さん。鮮やかなピンクのシャツが一足早く春の気分!巻頭のファッション特集では、年齢とともに難しくなる「女らしさ」のさじ加減について考えます。自分もまわりも心地いい、「程よい」フェミニンとは?■巻頭大特集は、ずばり「大腸力」!(30ページ)「腸活」がブームになって久しい今、改めて医療の分野で注目されているのが「大腸」です。大腸にいる40兆個もの腸内細菌の群れ「腸内フローラ」が、全身の病気、心の病気から脳の病気にまで大きくかかわっていることが明らかに。そして、その大事な大腸が劣化しはじめるのが40代〜50代なのです!自分に合ったヨーグルトを見つける方法とは? 糖質オフダイエットが大腸環境を悪化させるってホント? 長寿地域に暮らす人の大腸には「●●」が多い!? 免疫力を高め、肥満や糖尿病も予防してくれる「短鎖脂肪酸」の増やし方とは? …などなど、大腸研究の第一人者にみっちり取材。あなたの知らなかった「病気にならない」秘訣が満載です!ほかにも、骨盤底筋に効く超かんたんヨガや、失敗しない白内障治療の最前線、酸化より実はコワイ!?「糖化」を防ぐ食事法など、40〜50代女性の美と健康に必ず役立つ情報をぎゅぎゅっとお届け!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2020秋号

■頭痛、肩こり、むくみ…その「なんとなく不調」、ほっとかないで!「私はとりあえず健康!」と思っている人も、実は頭痛や肩こり、むくみや冷えなど、病院に行くほどでもないけれど、なんとなく気になる不調を抱えているもの。それは年齢のせい、疲れているせいだと思い込んでいませんか?40代後半から50代の女性はまさに」不調のデパート」。多汗やドライマウス、手のこわばりといった更年期不調をはじめ、更年期の症状に似た「甲状腺の病気」など、今まで体験したことのないトラブルが心身を襲います。「いつものことだから」と放っておくと、生活の質が落ちるだけでなく、隠れた大きな病気を見逃すことも!? 巻頭の30ページ大特集では、この世代特有の不調の原因と対策、思いがけない病気の見分け方を徹底取材。きっと「知ってよかった!」と思う健康情報が満載です。そのほか、しみ&シワをつくらない、できちゃったしみ&シワを消すために自宅で、自分でできることを完全ガイド。みんなが気になる骨粗しょう症にならないために「死ぬまで歩ける骨」をつくる生活術など、40〜50代女性の美と健康に必ず役立つ情報をぎゅぎゅっとお届け。表紙はこの号も黒田知永子さん。明るいオレンジのブラウスが目印です!

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2020冬号

■巻頭大特集は、今いちばん気になる「肺活」です!(30ページ)新型コロナウイルスの感染拡大で注目が高まった「肺炎」。のどや肺などの「呼吸器」は、普段はなかなか意識しないけれど実はとっても大事な身体器官。のどは外界からの異物をシャットアウトし、誤嚥性肺炎も含めた肺炎は今や日本人の死因の第3位です!MyAge冬号は巻頭30ページで、肺機能を高める「肺活」をフィーチャー。真矢ミキさんや森山良子さん、大下容子さんら「美声の人」の生活習慣、世界的オペラ歌手の田村麻子さん直伝の肺活をはじめ、誤嚥を防ぐ「のどトレ」、ハーバード大学のDr.根来による新型コロナウイルス対策特別講座まで、今こそ実践するべき、「舌・のど・肺」を元気にする知恵を徹底取材しました。ほか、40歳から知っておきたい「認知症」の原因疾患や初期症状、認知機能をサポートする生活術や、ダイエットにも骨にも「効く」ウォーキングにするための歩きグセ矯正、がん治療薬の権威がおすすめする最強の「ウェルネス野菜スープ」など、自分の体としっかり向き合いたい40〜50代女性の健康に必ず役立つ情報をぎゅぎゅっとお届け!今号も表紙は黒田知永子さん。モコモコの白いニットアウターに包まれた、あったかそうな輝く笑顔が目印です。

MyAge(マイエイジ)/『MyAge』 2021春号

■もう不調をガマンしないで! 40代からは、「閉経」の知識があなたを守ります巻頭は36ページの大特集、「閉経の不安と疑問にすべて答えます!」。読者アンケートからわかった閉経前の月経トラブルの実態や、婦人科でできる更年期不調ケアのほか、「自分でできる更年期不調ケア」にもフォーカス。自律神経を整えると更年期不調が改善するのはなぜ? 心の不調に効く「セロ活・オキ活」って何? 間違って実践している人も多い「骨盤底ケア」を絶対習得するコツとは? など、あなたの「今、そこにある不調」にすぐに役立つ1冊です。そのほか、●40歳過ぎて見えにくいと感じたら。「目の健康」のためにできること ●サラダじゃ足りない!? 最新「食物繊維」の正しい摂り方 ●ペしゃ髪・パサ髪を本気でなんとかする! ●withマスク時代の「大人眉」のオキテ ●落ち舌を改善してたるみ改善! 音読で小顔チャレンジ ●素敵女医が愛用する、美と健康にいい家電 など、40〜50代女性の健康に必ず役立つ情報がギュギュっと満載です!