商品掲載数 : 13件

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/MAMBO ポーチ

オリジナルの「MAMBO」シリーズのポーチ。「SWAY」 シリーズに続いてイラストレーター 塩川いづみさんが描いたビション・フリーゼという犬がモチーフです。純白の巻き毛の中にちょこんと配置された目や鼻がなんとも愛らしい。こちらのMAMBOシリーズもSWAYに続き生活のおともとしてご愛用ください。キャンバス地でしっかりした生地。ファスナーも大きく開閉しやすくなっています。ブルー、レンガ、グレーの3色。マチが無く、バッグにもすとんときれいに収納でき持ち運びしやすい形状です。普段使いはもちろん、ギフトにもおすすめです。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/フラワーベース etude

花を飾り慣れていない人も、これに一輪挿せば絵になるはず。「etude」とは練習曲という意味。3次元の立体物ですが、画家モランディの静物画のように2次元的・絵画的な雰囲気のデザインです。カラーは淡くくすんだトーンの2色。底には「CLASKA G&S DO」のロゴもさりげなく入っています。ペーパーボックスに入っており、ギフト用にもおすすめです。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/Sac noir/DO Original レザートートバッグ

オリジナルのレザートートバッグです。A4ファイルや雑誌が横にちょうど収まるサイズ。クロームなめしを施した国産の上質で柔らかい革を使用し、東京の工房で1点ずつハンドメイドされています。持ち手は手提げ・肩掛けの両方で使いやすい長さです。内ポケットは両サイド合わせて3つ。うち2つには携帯電話などを取り出しやすいようにと、片側のみマチを付けました。シンプルさと使い勝手にこだわったバッグ ― 探してもなかなか見つからなかった、欲しかったデザインをかたちにしました。カラーは黒と茶の2種類をご用意しています。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/そぼろのぬいぐるみバッグチャーム イエティ

一点一点、すべて手作りでユニークなぬいぐるみを作り続けているぬいぐるみ作家・そぼろさんのオリジナルぬいぐるみを元に作ったバッグチャームです。そぼろさん監修の元、何度も試作を重ね、できる限りオリジナルを忠実に再現してつくりました。こちらは「イエティ」です。毛むくじゃらの体の中にちょこんと顔が埋まっています。垂れ目の哀愁漂う表情は、刺繍で表現されています。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/そぼろのぬいぐるみバッグチャーム 黒猫

一点一点、すべて手作りでユニークなぬいぐるみを作り続けているぬいぐるみ作家・そぼろさんのオリジナルぬいぐるみを元に作ったバッグチャームです。そぼろさん監修の元、何度も試作を重ね、できる限りオリジナルを忠実に再現してつくりました。こちらは「黒猫」です。ほんわかとした和みの表情は全て刺繍が施されています。よく見るとしっぽの先はグレーでツートーン仕様。バッグなどに付けて、おでかけに連れて行ってください。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/MAMBO TAKE ME OUT ナイロンマルシェトート

MAMBOは、イラストレーター・塩川いづみさんの描いたビション・フリーゼという犬がモチーフ。「お散歩に連れてって?」と首をかしげてこちらを見つめる姿が愛らしくてたまりません。ナイロン製のためとても軽く、底マチもしっかり確保されているので荷物もたくさん入り、お買物時のエコバッグに便利。肩から下げやすく、綿・レーヨン混紡リボンのナチュラルな持ち手部分が使いやすさのポイントです。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/トートバッグ パン L (ナチュラル)

こんがり焼き立ての香りや食感までもが思い描かれる、美味しそうなフランスパン。こちらの絵は、彦坂有紀さん・もりといずみさんによる「彦坂木版工房」が手がけたものです。「ベーカリーヒムカ パン画」展から生まれた木版画が、暮らしのアイテムになりました。バッグ部分は綿100%のナチュラルな生成り色の生地で作り、フランスパンがより香ばしく表現され、柔らかな印象になりました。LサイズはA3サイズもすっぽり入るので、本物のフランスパンも入ります。お買物や旅行のサブバックにいかがでしょうか。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/トートバッグ パン S (ナチュラル)

こんがり焼き立ての香りや食感までもが思い描かれる、美味しそうなフランスパンと、ふんわりとした口どけを想像してしまうクリームパン。こちらの絵は、彦坂有紀さん・もりといずみさんによる「彦坂木版工房」が手がけたものです。「ベーカリーヒムカ パン画」展から生まれた木版画が、暮らしのアイテムになりました。バッグ部分は綿100%のナチュラルな生成り色の生地で作り、パンがより香ばしく表現され、柔らかな印象になりました。Sサイズは、お弁当バッグや近所のおでかけバッグにぴったりのサイズ感。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/MAMBO エコバッグ コンパクト

軽くてコンパクトに持ち運びしやすいMAMBOのエコバッグ。毎日のお買い物のお供にバッグにしのばせて。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/BANK ショルダーバッグ アーチ

マニッシュな印象が強い「BANK」シリーズですが、このバッグは女性らしいコーディネートにも馴染みます。トップが緩やかにアーチを描くデザインは、上品でエレガントな雰囲気。水をはじき、汚れが付きにくい合成皮革製で、天候を気にせずに普段使いしていただけます。つるんとした素材感ですが、光沢は控えめでシックな印象。側面に、ファスナーのないポケットと、ファスナー付きのポケットが付いています。ショルダーベルトはスナップボタンで取り外しが可能で、ポーチとしてもお使いいただけます。背面にもスリムポケットを付けました。さっと出し入れしたいスマートフォンや IC カードなどの収納に便利です。幅広のマチのおかげで、500mlのペットボトルや長財布もすっぽり収まるほどの収納力です。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/BANK ポーチ マチ

マチの幅は約8cm。旅行のコスメポーチにも充分な大きさです。幅広のマチのおかげでしっかりと自立するので、使用時に場所を取らないのも嬉しいポイントです。中のファスナー付きのポケットは、常備薬や絆創膏など見失いがちな小物の収納に便利です。内側はすべすべ、さらりとしたマットな質感。裏地は付けていませんが、毛羽立ってポロポロと落ちることもなく、中身をソフトに守ってくれます。合成皮革製のため、汚れても簡単に拭いてきれいに保て、衛生的です。コスメポーチとしてだけでなく、ガジェットを入れたりアウトドアにも。様々なシーンでご活用ください。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/DO Original ×gungulparman ハンカチ

ハンカチはお出かけ前の一日の始まりに手に取るもの。今日はなにをしよう、とわくわく感を感じてほしいという外山さんの遊び心ある絵柄になっています。さらっとした手触りで使い勝手がよく、大判のためお弁当を包むのもおすすめです。【クマの親子】・・・「りんごの木の下にいるクマの親子の図」。ハンカチの縁には、「昼寝する?」、「木に登る?」「まずはご飯を食べよう」、とクマの親子の楽しいおしゃべりが聞こえてきそうなセリフが描かれています。優しいイエローの縁取りで、りんごの木や葉、そしてクマたちは深いグリーンで描かれています。一面に散りばめられた美味しそうな赤いりんごがよいアクセントに。【花とちょうちょ】・・・「ピンクのお花畑に集まる3羽のちょうちょ」。今日はなにをしようか、と集まっておしゃべりしている様子が描かれています。鮮やかな明るいピンクの花々の上を舞う白いちょうちょ。どころどころに深いグリーンの葉が差し色になっています。チャコールグレーに近いブラックで縁取ることで少し大人っぽさが増した印象。【メリーゴーランドの住人たち】・・・「メリーゴーランドの住人たちが、楽しそうにおしゃべりしている図」です。遊園地の閉園後、仕事を終えた木馬たちの「お茶にする?」、「しりとりする?」、「ピクニック?」なんて楽しそうな会話が聞こえてきそう。折り畳んだハンカチのどこから見えても、ふっと心が和む優しいタッチ。

CLASKA Gallery&Shop 」DO」(クラスカ ギャラリー アンド ショップ ドー)/DO Original × gungulparman スカーフ

コットンのさらりとした風合いとシルクの柔らかな光沢感を兼ね備えたコットンシルク素材で、ご自宅でのお手入れも可能です。小さくひとつに結ぶだけでシンプルなコーディネートのアクセントになる、50×50cm の小振りなサイズ。首元だけでなく、バッグに結んだりヘアアレンジにも使いやすいサイズ感です。大柄のスカーフは、畳み方次第で色や柄の出方が変わって印象もがらっと変わります。その日の気分や服装に合わせて、アレンジを変えてお楽しみください。【flower catch】・・・身に付けるだけで思わず 」舞い上がってしまう」 ような高揚感のあるデザインをイメージソースに外山さんが描いたのは、「嵐の中で 」舞い上がる」 花を3羽の鳥がどれくらいキャッチできるか競い合っている図」。鳥たちが身を粉にして花をキャッチしている様子が、心弾むような大胆なタッチで描かれています。【flower song】・・・「歌声のような、目に見えないものをグラフィックに落とし込んで身に付けられたら」。そんなイメージをもとに外山さんが描いたのは、「百合の花が並んで合唱している図」。小さな百合の花が、縁をぐるりと囲んでいます。コーナーに描かれた文章のようなデザインは、「どこの国の言葉でもない言葉」。馴染みのない異国の言語を目にしたときに感じる、意味が把握できない特有の高揚感を表現した、外山さんオリジナルのデザインです。淡いイエローをベースカラーに、ブラックのラインが全体を引き締めています。百合の花たちの透き通った歌声が聴こえてくるような、清々しく可憐な1枚です。中央に配した白のグリッドが抜け感を生んで、軽やかな印象。